目的別ネットの出会い

男子大学生のうちに行く、使わなきゃ損な出会いの場を紹介【彼女・セフレ・友達が見つかる】

年齢が18歳も越え、いろいろな社会的制限から解放される大学生のうちに一度は体験してみるべき出会いの場を紹介します。

すでに知っている場所から、意外と知られていない出会いの場まで様々な場所があります。

ネットや人づての情報は数多くありますが、今回は実際に使用した場所に限って紹介します。

大学生の出会いスポットの紹介方法

今回は下記の点で、大学生のうちに行っておくべき、利用すべき場所を紹介します。

場所ごとのメリット、デメリット、代表的なもの、出会い意外に得られるものを紹介します。

それぞれの出会いごとに評価も記載し、星の数が多ければ多いほど良いという意味で、星の数が少ないのはマイナスを意味します。

総合3位 大学生だからこそできるおすすめのキャンパスライフでの出会い

キャンパスライフ内でできる出会いを紹介します。これは、大学生だからこそできる出会いの場です。

キャンパスライフ内での出会いはどちらかというと、大学生の出会いとしては少数入ります。

中高のように、出会えるかどうかは若干運の場合もありますが、キャンパス内で出会いを探したいという方はぜひ参考にしてみてください。

1位 アルバイト

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
一言コメント 女性が多い職場選びが大切 時給も稼げて、他のバイトに切替も可能 女性も多く、お金を稼げる職場選び

アルバイトは大学時代に誰もが経験します。お金を稼ぎながら、どうせなら女の子の多いバイトを選びたいという男性は多いはずです。

女性が多くおすすめのバイト先は飲食店、カフェ、居酒屋、ビアガーデン、塾などがおすすめです。

勤務中に話す機会があり、人数も多いバイト先を選んでみてください。

アルバイトのメリット・デメリット・得られるもの


メリット
:お金も稼ぎながら、出会いを得られるチャンスがある
デメリット:タイプの女性がいなかったら終わり
出会い以外に得られるもの:お金

2位 サークル

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
一言コメント 女性が多いサークルを探そう 長くいる必要があり、できない場合もそれなりにある 大学生活で友人を作るという面でもおすすめ

サークルは大学生のほとんどが入っていますが、彼女ができます。どのサークルでも最低1組はカップルが誕生しているはずです。

サークルで気になる異性がいれば、積極的に仲良くなるところからスタートしていきたいです。サークルはどちらかというと、彼女ができないことの方が多いですが、友人作りや学生時代の思い出作りとして入る価値は十分あります。

サークルのメリット・デメリット・得られるもの

メリット:友人もできる
デメリット:ほとんどの人はサークルで彼女はできない
出会い以外に得られるもの:友人、思い出

3位 友人の紹介

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
一言コメント そもそも紹介の件数自体が少ない 高確率で仲良くなれる 紹介してくれる相手がいるなら活用したい

友人から紹介してもらうことができれば、かなり高確率で最低でも仲良くはなれます。仲良くなってから、彼女になると言うことはよくあります。

私の周りでも、友人からの紹介は数こそ少ないものの、決定率が非常に高かったことを記憶しています。

とはいっても、なかなか紹介してもらえることはないので、もしも紹介するよと言われた時は喜んで紹介してもらうのをおすすめします。

友人紹介のメリット・デメリット・得られるもの

メリット:最低でも女友達にはなる可能性が高い、知り合いを通じているため出合うハードルが低い
デメリット:あまり紹介してもらえない
出会い以外に得られるもの:女友達

4位 小中高の同窓会、成人式

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
一言コメント 共学なら女性も多いはず 元々の中高の評判が影響してしまう 中高時代の知人に会うついでに足を運ぼう

大学期間は社会人とは違い時間があります。そして、一生に一度の成人式もあります。

成人式前後で小中高の成人式が行われるなど、昔の知人と出合う機会も豊富にあります。久しぶりにあって、意気投合して、交際に至ることは実際にあります。

私自身、成人式がきっかけとなり、彼女ができました。

同窓会、成人式のメリット・デメリット・得られるもの

メリット:元々評判の良かった人、学歴などでパワーアップした人は有利
デメリット:出来レース感あり
出会い以外に得られるもの:友人、知人との関係が復活

5位 女子大の学祭

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
一言コメント 女性は無限にいる ナンパした後に連絡をして、ご飯などに行く必要あり ナンパに自信のある人はぜひ

女性に声をかけれる方におすすめなのが、女子大の学祭です。正直、かなり女の子と出会えます。

ただし、声をかける勇気と工夫は必要なので、難易度は低くありません。むやみやたらと声をかけると、ナンパされた女性が他の女性に広めて、声をかけにくくなります。

興味のある方は、学祭にぜひ足を運んでください。

女子大学祭のメリット・デメリット・得られるもの

メリット:頑張れば、ナンパよりも簡単にその場で連絡先をゲットできる
デメリット:個人の力次第
出会い以外に得られるもの:勇気、LINEのID

その他、キャンパスライフでの出会いの場

大学の喫煙所 -数少ないからこそ顔馴染みに-


大学の中でも数少ない喫煙所。数が少ないからこそ、顔なじみができやすいです。

また、イケてる男女がたむろする場でもあり、コミュ力に自信があり、その気になれば友達になることもできます。

ゼミ -ゼミ合宿や飲み会が勝負-

ゼミは先輩、後輩と絡む機会の多い場で、年齢関係なく触れ合いがあります。

特によくあるパターンが先輩男子と後輩女子の組み合わせです。ゼミ合宿や飲み会など、ゼミメンバーの仲が良いゼミに入ることができれば、先輩とも繋がり、出会いに発展することができるかもしれません。

後輩女子を狙いたい男性におすすめです。

学生団体 -アクティブな団体が狙い目-

学生団体は大学生が中心に運営する団体のことで、サークルとは違い、特定の目的、大学関係なく集まります。

活発に動いている学生団体であれば、活動の中で恋愛感情を抱くのも不思議ではありません。

また、音楽活動など趣味色の強い学生団体の方が出会いに繋がりやすいので、趣味や関心で繋がりたい大学生におすすめ。

国際交流イベント -外国人や帰国子女の日本人と-

国際交流イベントは外国人や、外国への関心が強く自分の意見をしっかりと伝えられるアクティブな異性と繋がるにはぴったりの場所です。

大勢の人がいる環境が苦でない方におすすめ。

インターンシップ -グループワークから出会いへ-


インターンシップはグループワークなどをするため関係が深まります。

グループワークが得意な方は、インターンシップでリクラブを成功できる可能性が高いので、ぜひチャレンジしてみてください。

ボランティア活動


どこの大学にも大きなボランティア団体があります。また、海外ボランティアなど大学生が多く集まるボランティア活動もあります。

ボランティアを行う際は事前い打ち合わせをしたり、現地で協力しあう必要があるため、ボランティアサークルやイベントなどで彼氏や彼女ができたという友人が私の周りでちらほらいました。

ボランティアに興味があって、出会いが欲しいという方は参加してみるのがいいかもしれません。

留学

留学は大学のプログラムと、外部機関を通じた留学プログラムがあります。

大学のプログラムの場合、同じ大学の人たちと事前説明会などで知り合いになったり、現地で合流することもあります。

大学のボランティア活動で知り合った人と交際している友人は私の周りだと1人いました。

イベントで出会う

年に数回など一定数開催されるイベントがあリます。彼氏、彼女には発展しにくいですが、中には交際関係になる男女もいるようです。

出会いの場となることもありますが、基本的には非日常を楽しむことを目的に向かうのをおすすめします。

納涼船


納涼船は浴衣を着て船に乗るイベントです。男女関わらず多くの人が参加し、お酒も飲むので、うまく女性グループと絡むことができればワンチャンできる可能性もあります。

友人のイケメンは見事2人の女性を捕まえていました。

ハロウィン


渋谷ハロウィンでおなじみのハロウィンイベント。仮装をした人が街に入り乱れます。

そもそも顔がよくわからない仮装をしていたり、1人で来ている人は少ないため、出会いに繋がることは少ないですが、純粋にハロウィンイベントを楽しむのがおすすめです。

頑張りと運次第で、もしかするとがあるかもしれません。

オフ会

オフ会といえばYoutuberやインスタグラマーなどある程度有名な人たちと会えるイベントなどを指します。

他にもネットなどを介して知り合った人たちがリアルで会うイベントをオフ会と行ったりします。

共通の趣味を持っているため、稀に出会いに発展することもあるようです。

おすすめ度総合2位 大学生だからこそできる出会い方

1位 合コン

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
一言コメント 合コンなので必然的に女性がいる お金と時間がかかるが、ここから交際関係になることは多い 男女で良いメンバーを揃えて、一度はしてみる価値あり

合コンは大学生なら一度はやっておくのをおすすめします。合コンはメンバー集めの段階で楽しくなるか、そうでないのか決まります。

自分たちのグループの盛り上がり、外見などに見合う女性、彼氏が欲しいという女性と合コンをやるのが合コン成功の秘訣です。

合コンからカップル成立は普通にあります。お互いのレベル感があっていて、楽しい合コンなら何回に一回はカップルが1組できます。

合コンのメリット・デメリット・得られるもの

メリット:可愛い子も参加する、彼女できやすい
デメリット:お金と時間がかかる
出会い以外に得られるもの:女子グループとの繋がり
料金目安:安くても5000円、奢ると6000〜10000円以上

2位 街コン

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
一言コメント 参加する街コンによるが、女性は一定人数いる お金と時間はかかるが、いろいろな女性と話す機会があり、出会いに繋がることも 周りで良い合コンが開催されない、出会いもないという方は一度参加してみるのもいいかも

街コンってなにという方がいると思いますが、街コンは会社が合コンを開いてくれて、人と会場を用意してくれます。

合コンは知り合いや友人が開いてくれるのとは別で、街コンはお金さえ払えば参加することが可能です。

基本的には同性の友人を連れていくこともできますが、多くても2人ほどで参加するのがおすすめです。

参加者のモチベーションやレベルは玉石混同ですが、いろいろな女性と話せる良い街コンもあります。

街コンのメリット・デメリット・得られるもの

メリット:参加者が多ければ、いろいろな女性と話せる
デメリット:お金がかかり、意外と発展しないことも
出会い以外に得られるもの:異性の連絡先
料金目安:6000〜8000円程度

3位 相席居酒屋

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
一言コメント 女性無料の店は女性が多くいる 男性は割とお金がかかり、女性は必ずしも出会いを求めて来ているわけではないので、交際関係に至るのはまれ 友人も連れて、女性と話す機会を得ることができるので、行ってみる価値は多いにあり

昨今話題の相席居酒屋は、客として来た男女が個室で同席して、食べ飲みしながら話すことができる居酒屋です。

お店が合コンを設定してくれると考えてもらえるとわかりやすいです。

一番有名なのは、相席屋で、全国展開しており、店に行くと女性が誰かしらいるので、相席することができます。

相席して相性がよければ連絡先をゲットでき、2軒目に行くことも可能です。女性と食べ飲みできるメリットはありますが、デメリットとしては女性無料なので、軽い気持ちで来ている女性が多く、出会いまで必ずしも発展するわけではない点です。

相席居酒屋のメリット・デメリット・得られるもの

メリット:ほぼ必ず女性と30分は食べ飲み可
デメリット:お金がかかる、一定の時間内に女性といい感じになるのが難しい
出会い以外に得られるもの:頑張れば女性の連絡先
料金目安:30分1500円食べ飲み放題

4位 クラブ

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
理由 女性はしっかりといます お金と時間がかかり、難易度も低くはない 独特な雰囲気なので、大学生活で一度は行ってみたい場所

全国どこでもあり、大学生でも行きやすいのがクラブです。クラブミュージックが流れ、独特な雰囲気を醸し出してるので、慣れない人には向いていませんが、一度は足を運んでみるのがいいかもしれません。

クラブの場合は、彼女よりもセフレやワンナイトに向いています。ただし、難易度はそれなりにあるので、個人による部分は大きいです。

クラブのメリット・デメリット・得られるもの

メリット:腕を磨いて通い続ければワンチャンできるかも!?
デメリット:難易度が割と高い
出会い以外に得られるもの:勇気とクラブ慣れ
料金目安:3000円前後+ドリンク代

その他、大学生だからこそできる出会い方

シェアハウス

シェアハウスは通常の賃貸よりも割安で住めることから若い大学生などを中心に人気です。

イメージとしては、同じ家の中に他人同士が同居します。

何かしら理由がない限りシェアハウスをすることはありませんが、1人暮らしをする際にシェアハウスを選択するのもありかもしれません。

ナンパ

ナンパは主に路上などで通行中の人に声をかけます。かなり難易度は高く、勇気も必要です。

うまくいけばワンナイトできることもありますが、難易度が高く、万人におすすめできるようなものではないため、その他としました。

スポーツバー

スポーツバーはお酒を飲みながら、スポーツ観戦を楽しむバーです。

パブリックビューイングと呼ばれる大画面のスクリーンでサッカーのライブ映像を見たりします。

個別の席はなく、隣には知らない人がいるので、スポーツ観戦で一緒に盛り上がることもできます。

おすすめ度総合1位 効率よく出会う、大学生の今時の出会い方

マッチングアプリ

女性の多さ コスパ おすすめ度
評価(5段階中)
理由 女性登録者は多く、後は自分次第 時間とお金そそれほどかけず、出合うことも可能 出会い探しの一貫として、アルバイト代を少し使って、相手探しをする価値あり

マッチングアプリはアプリを通じて女性と出会えるサービスで、最近では上場企業や大手企業が参入しており、有名どころのマッチングアプリであればどれも安全に使用することができます。

条件検索で女性を検索して、顔写真やプロフィールをみてよければ、女性のプロフィールにいいねをします。相手からもいいねが返ってくれば、メッセージが開始し、相性がよければ出会うという流れです。

隙間時間でできてしまい、お金も月額3000円ほどで利用できるものがほとんどなので、非常に便利です。

どのマッチングアプリも登録して、女性を探すところまでは無料でできます。メッセージをする際に、有料会員になる必要があるという仕組みです。

大学生は使っている人が意外と多く、私の周りでもマッチングアプリを通じて出会ったカップルは何組かいました。

マッチングアプリのメリット・デメリット・得られるもの

メリット:お金、時間をそれほど使わず、1ヶ月に何人もの女性と会うことも十分可能
デメリット:プロフィールなどを入力しないとなかなか出会えない
出会い以外に得られるもの:手間暇でできるので暇つぶし
料金目安:3000円前後

彼女探しなら会員数1000万人のペアーズがおすすめ


彼女を探したい方におすすめなのが会員数800万人のペアーズです。ペアーズは恋愛系のマッチングアプリの中で最大手の規模で、これまでに多くの人たちがマッチングを実現しています。

ペアーズは身長や体型などの条件検索で女性を探すこともでき、趣味で探すこともできます。

恋愛系マッチングアプリの中で会員数が圧倒的なので、マッチングする可能性もかなり高いです。

彼女が欲しいという方におすすめのマッチングアプリです。

料金:有料会員1ヶ月3480円
公式サイト

火遊びしたい方は会員数2000万人のハッピーメール

ハッピーメールはペアーズとは変わって、恋愛目的で使うのも可能ですか、セフレ、飲み友達などライトな出会いに特化した、出会い特化型のマッチングアプリです。

彼女じゃくても、女の子と会いたいという方はハッピーメールがおすすめです。

会員数は2000万とジャンル関係なく日本最大級の会員数で、料金体系がペアーズとは異なります。

ハッピーメールの場合はメールを1通送るために1000円単位で課金するスタイルで、1通10円かかります。

最初に120ポイントをもらうことができるので、12通分女性に無料でメッセージを送ることができるので、興味のある方は一度使用してみるのをおすすめします。

料金:1000円から課金、メッセージ1通10円
公式サイト

その他、効率よく出会う、大学生の今時の出会い方

SNS

今どきの出会いの手段の1つがインスタグラムやTwitterなどのSNSです。

私の周りでSNSを通じて交際に至った人はいませんが、一部交際に至るケースがあるようです。

今回紹介した男子大学生のおすすめの出会いまとめ

 

出会い方 女性の多さ コスパ おすすめ度 順位
マッチングアプリ 1
合コン 2
アルバイト 3
街コン 4
相席居酒屋 5
クラブ 6
サークル 7
友人の紹介 8
同窓会・成人式 9
女子大の学祭 10

今回紹介した主な出会い方をまとめました。大学生のうちはとにかく経験するのがおすすめです。

色々な場所にアンテナを貼って、出会いの面でも充実した大学生活を送ってください。

ABOUT ME
AN&N編集長
「アンダーグラウンドな世界を伝える」 「男性が人には相談できない弱みに向き合う」 「男性の本音を伝える」 の3つをテーマにAN&Nを運営。 実は密かにセクシャリティに関する分野で、真面目なネタを扱いたいと思っています。
AN&Nおすすめマッチングアプリランキング

恋活、婚活とまではいかないライトな男女の出会いを実現することができるマッチングアプリを紹介。

これまでに複数のアプリ、サイトを実際に使用して、検証してきたAN&N編集部が厳選して実際に出会えるアプリをランキング化します。

第2位 ワクワクメール

おすすめマッチングアプリ第2位は、SNS感覚で出会いを探すことができるワクワクメール。

アバターを用いて交流することができるため、身バレする心配が少なく、バレたくないことがある方におすすめです。

また、顔写真主体で出会いを進める通常のマッチングアプリよりも、見た目に左右されずに出会い探すことができます。

顔写真を設定することももちろんでき、公開範囲を決めることで、異性と交流を深めることは十分可能です。

mixi、モバゲーのようにコミュニティタイプのマッチングアプリなので、長く続ければ続ける続ける程、出会いを探しやすくなります。

会員数 利用料金 主な用途
750万人 基本無料
男性:メッセージ送信1通50円
女性:無料
シニア恋活
大人の恋愛
暇つぶし/異性の友達探し

ワクワクメールで出会いを探す

第1位 ハッピーメール

ハッピーメールは国内最大級のマッチングアプリで、累計登録者は2000万人を超えます。

会員数の多さに加えて、利用する年齢層も幅広く、年齢と居住地に左右されずに利用できるのが特徴。

 

 

 

 

 

 

プロフィールをしっかりと設定して、女性にアプローチしていけば出会えます。

初回のみ無料で1200円分のポイントがもらえるので、使わない手はありません。

会員数 利用料金 主な用途
2000万人 基本無料
男性:メッセージ送信1通50円
女性:無料
シニア恋活
大人の恋愛
暇つぶし/異性の友達探し

ハッピーメールで出会いを探す