掲示板

【人生終了】家出をするTwitterの#神待ち未成年女性を狙う倫理もないアホな男たち

Twitterなどで、数千件の投稿がされる「#神待ち」のハッシュタグ。神待ちの意味は詳細に知らずとも、神待ちがアダルトな内容をほのめかすということを知っている人は多いはずです。

そんな神待ち女性にアプローチするのは双方にとって、非常に危険な行為であり、法に触れるケースもあります。

特にTwitterで「#神待ち」のハッシュタグをつけた投稿やハッシュタグを投稿している女性と繋がりをもつのは非常に危険です。

今回はTwitterの「#神待ち」女性の危険性や、神待ち女性を狙わなくても、女性と出会うにはどうしたらいいかなど紹介します。

神待ちの意味とは

自分を家に泊めてくれる男性を街頭や電子掲示板などで探している少女の通称。「神待ち」を行っている少女。帰る家のない家出娘が神待ち少女になるとされる。

出典:Weblio

何らかの見返りなしで、お金や住処の援助をしてくれる神(男性)を募集していますというのが正確な意味のようです。

一方で、神待ちが誤った使われ方をしている実情

一方で、神待ちという言葉は、本来の見返りなしというのが無視されて使用されているケースが多くあります。

成人男性と女性が繋がるということは、下心をもつ男性が多くいますし、見返りを求めていないというケースは少ないのが実情のようです。

神待ち女性と男性はTwitterや掲示板を通じて繋がる

Twitterの「#神待ち」投稿に群がる男性たち

神待ちをしている女性と男性が出会う温床となっているTwitter。「#神待ち」のハッシュタグで検索をすると、驚くほどの投稿件数が表示される。

倫理観のない大人たちが、下心を持って投稿へコメントをしたり、多くはDMを通じて、神待ちしている女性に接触をしています。

運営元不明の神待ち掲示板

ネット上には、運営元不明の神待ち掲示板と呼ばれるものが複数存在します。

神待ち掲示板は運営元が不明なだけではなく、年齢認証がないなど、未成年と繋がる危険性もあります。

見た目が綺麗なものも多いですが、犯罪の温床となっている神待ち掲示板は数多くあります。

未成年の神待ちアカウントと繋がることは犯罪になる


神待ちアカウントと繋がる手段は身近にある中で、未成年と成人が繋がることで犯罪に発展する可能性が、神待ちの問題点でもあります。

未成年と成人男性が関わりをもつことは法律で厳しく決まりがあり、「知らなかった」「未成年じゃないと言われていた」「性的な関係ではなかった」という言い訳は一切通じません。

泊めただけでも、未成年誘拐などの疑いで逮捕された実績もあります。ニュースに出てくるのは氷山の一角で、実際には他にも逮捕されている男性がいるというのが現状です。

身近な手段で未成年者と繋がってしまった時点で危険なので、Twitterや神待ち掲示板など、年齢認証などがなく、無法地帯化しているネットツールで出会いを探すのは控えるべきだといえます。

参照:朝日新聞DIGITAL

未成年だけじゃない、そんな「#神待ち」アカウントの正体

一方で、「#神待ち」アカウントが必ずしも、本来の意味での神待ちをしていないパターンもあります。

割り切りの紹介


割り切りという個人間でお金を支払い性交渉をする提案が、Twitterの神待ちではほとんどがこの割り切りです。

割り切りは神待ちと同様、未成年が紛れ込んでいる可能性があります。

割り切りに関しては、逮捕されるかも?割り切りの正確な意味とは-危険度と高額請求が割に合わない割り切りの実態-で詳細に解説をしています。

援デリの斡旋業者【犯罪】

割り切りはまだまだグレーゾーンということもあり、成人同士で同意の下であれば、犯罪にはなりません。

しかし、割り切りを装いながら、女性と男性と仲介している業者の可能性もあります。この場合は、バレれば、売春防止法違反で罪に問われる可能性があります。

怪しい、マイナーな出会い系サイトへの誘導


※写真の中にある出会い系アプリ、サイトは違法なものではありません。

割り切りの次に多いのが、出会い系サイトやアプリへの誘導です。中には、運営元不明、運営元があっても、国への届出なしで行なっている無資格の事業者であることがある法外なぼったくりサイトへ誘導されます。

中には、お小遣い稼ぎで、マイナーな出会い系サイト(違法ではない)に誘導する、出会い系の窓口になっているアカウントもあります。

18歳未満の未成年の本当に神待ちしている【犯罪】

そして、これは犯罪ですが、18歳未満で本当に神待ちしている女性とコンタクトが取れてしまうことも少なからずあります。

これはれっきとした犯罪なので、すぐに手を引いてください。

良い年した大人が#神待ちのユーザーを狙うのは控えめに言っても情けない

良い年した大人が怪しい手段を使ってこそこそと、判断能力が低い未成年女性や、一時的に弱い立場に追い込まれている女性を食い物にするのは非常に気持ち悪いです。

Twitterや神待ち掲示板の使用は、避けてください。

自分が犯罪に巻き込まれないためにも、年齢認証がしっかりとした出会いの手段の活用を

AN&Nとしては、未成年との関わりをたつことができ、しっかりとした運営元の管理下で「神待ち」や「割り切り」を目的とせず、成人の同意の下で行われるセフレのような存在を探すのがまだ健全なのではと思います。

セフレなどアダルトな出会いにも強く、この業界で最大手のハッピーメール(会員1900万)などを活用して、クリーンに出会いを探すのをおすすめします。

ハッピーメールはセフレ作りなどに強いと有名で、公的証明書を提示しなければ、メッセージの送信や確認ができないなど制限があります。

男たるもの、実力でセフレをゲットしましょう。Twitterや神待ち掲示板よりも、セフレに関していえば安全にゲットしやすいです。

無料の状態でも楽しむことができ、数百円〜数千円が出会うまでの相場です。神待ちなど余計なことは考えずに、いますぐクリーンでアダルトな出会いを。

▼ハッピーメールの基本データ
・会員数:1900万人
・料金:初回メッセージ1通10円、女性からのメッセージへの返信1通50円
※随時1000円単位でポイントを購入。登録と女性検索自体は無料です。
・無料ポイント:1000円分
【公式】ハッピーメール

ハッピーメールで出会いを探す

ABOUT ME
AN&N編集長
「アンダーグラウンドな世界を伝える」 「男性が人には相談できない弱みに向き合う」 「男性の本音を伝える」 の3つをテーマにAN&Nを運営。 実は密かにセクシャリティに関する分野で、真面目なネタを扱いたいと思っています。
AN&Nおすすめマッチングアプリランキング

恋活、婚活とまではいかないライトな男女の出会いを実現することができるマッチングアプリを紹介。

これまでに複数のアプリ、サイトを実際に使用して、検証してきたAN&N編集部が厳選して実際に出会えるアプリをランキング化します。

第2位 ワクワクメール

おすすめマッチングアプリ第2位は、SNS感覚で出会いを探すことができるワクワクメール。

アバターを用いて交流することができるため、身バレする心配が少なく、バレたくないことがある方におすすめです。

また、顔写真主体で出会いを進める通常のマッチングアプリよりも、見た目に左右されずに出会い探すことができます。

顔写真を設定することももちろんでき、公開範囲を決めることで、異性と交流を深めることは十分可能です。

mixi、モバゲーのようにコミュニティタイプのマッチングアプリなので、長く続ければ続ける続ける程、出会いを探しやすくなります。

会員数 利用料金 主な用途
750万人 基本無料
男性:メッセージ送信1通50円
女性:無料
シニア恋活
大人の恋愛
暇つぶし/異性の友達探し

ワクワクメールで出会いを探す

第1位 ハッピーメール

ハッピーメールは国内最大級のマッチングアプリで、累計登録者は2000万人を超えます。

会員数の多さに加えて、利用する年齢層も幅広く、年齢と居住地に左右されずに利用できるのが特徴。

 

 

 

 

 

 

プロフィールをしっかりと設定して、女性にアプローチしていけば出会えます。

初回のみ無料で1200円分のポイントがもらえるので、使わない手はありません。

会員数 利用料金 主な用途
2000万人 基本無料
男性:メッセージ送信1通50円
女性:無料
シニア恋活
大人の恋愛
暇つぶし/異性の友達探し

ハッピーメールで出会いを探す