オフパコ・セフレ

どうしてもセフレが欲しい時。ワンナイト未経験者でもセフレを作る方法

あとくされなく、定期的にセックスができるセフレが欲しいという人は男女問わず少なくない。

しかし、呼吸するかのようにセフレが絶えないものもいれば、考えて動かなければセフレができないという人もいる。

そんな私は彼女は何人かいたものの、考えて動かなければセフレができない人種だ。試行錯誤を繰り返し、1年間で8人のセフレを作ることができた。

今回はセフレを作ることができた経緯や方法、私の周囲のヤリチンたちの意見も参考にしながら紹介していこうと思う。

セフレが欲しかったけど、全くできる気配がなかった日々

「セフレになってください。といえばいいの?」と思うくらいセフレの作り方が分からない

当時の私はセックスがしたくてしたくて仕方がない状況だった。彼女とは経験があるものの、他の女性ともしてみたいと思うのは、男性として普通の流れだろう。

しかし、周りにはセフレがいる友人も何人かいたが、私自身はどうすれば継続してセックスができるセフレを作ることができるのか全く分からなかった。

たまに何を血迷ったのか、女性といい感じになったタイミングで「セフレにならない?」と頼めば、作れるんじゃないかとも思うほどだった。

しかし、そこから少し考え、行動した結果1年以内に5人のセフレを作ることができた。今回はそこで気づいた、セフレが作れる、作れない男性の違いをしっかりと紹介していこうと思う。

自分はもともとはセフレを作れるような人間ではなかったため、参考になるはず。

セフレは探すものではなく、セフレにしていくもの

セフレは探すものではなく、セフレにしていくものというと、それはそうだよねと思った方は大勢いると思う。

当時の自分は、セフレになりそうな女性ってどこにいるんだろうという考えばかりで行動した。そして、現状セフレの作り方が分からないという方は、セフレは作り上げるものではなく、探すものという認識でいる方が多いのではないかと思う。

セフレは探すものではなく、まずはワンナイトして、そこから継続してセックスする関係に持ち込めるかが重要だ。

ネットのセフレの作り方には実現できないような嘘が多い

かくいう私もかつては、ネットで「セフレ 作り方」などと検索したものだ。

しかし、今思うとあまり効果的だった記事に巡り合えた記憶はない。

とにかく色々な情報が詰め込まれた長い記事や、やたらと出会い系アプリやマッチングアプリなどに誘導しようとする記事ばかりだと感じた。

後ほど説明をするが、マッチングアプリはたしかに良いものだが、マッチングアプリにあたかもセフレになりやすそうな緩い人が多くいるというような誤解を招くような表現が多い。

ただ、活用次第でかなり有用なので、後ほどその使い方を解説しようと思う。

本題 セフレはどうすれば作れるのか

前置きが長くなってしまったが、本題に入ろうと思う。セフレを作るのに大切なのは、全部で5ステップある。

まずは、最低限の外見磨き、2人で会える女性の連絡先や繋がりを確保、実際に2人で会う、ワンナイトに持ち込むチャレンジをする、もう一度会ってセックスをするの5ステップ。

ここからは5ステップ順にどうすればいいのか解説していこうと思う。

セフレを作るのは数学的だ

これからステップを読み進めていく上で、セフレを作るというのは確率の要素がある。

考え方としては、自分の手の届く女性の数(=連絡可能な範囲)の中で、相性の良い女性とマッチング(2人で会う)することができ、その中から何人の女性とワンナイトすることができ、その後もセックスすることができるかという考え方が大切だ。

つまり、まずは出会いの総数を増やす、そしてなるべく自分のことを気に入ってくれる相手と出会えた方がいい。

時間とお金は有限だ。セフレを作るのは100発100中できるわけではないので、効率を重視して探していくことが重要となる。

それを把握した上で読み進めていったほしい。

セフレの作り方も活かすためには最低限の異性へのマナーが必要だ:ステップ1

セフレが欲しいという前に、前提として知っておかなければどんなに異性の前で小手先の努力をしても、外見的に清潔感がなければセックスをすることは不可能だ。

男女問わず清潔感はかなり大切だ。かっこいい、可愛いの問題ではなく、清潔感があるかどうかがセフレを作る上での大前提となる。

清潔感で大切なポイントは、体型、髪型、肌、体臭、服装、体毛の6つ。もちろん、これら6つのいずれかが欠けていても、彼女がいて、セックスもできている男はいる。

しかし、それは愛があるから許されるのであって、セフレを作ろうとしている以上、女性には厳しく品定めされている。

愛がないからこそ、女性が嫌がるポイントは無くさなければ、セフレは作れないと思った方がいい。

もしも、ここで紹介するポイントに当てはまるような女性とセフレになれればいいと思っているなら、それほど意識する必要はないかもしれないが、そうではないはずだと思っている。

下記で紹介する内容にまず引っかかっているのであれば、そちらを解消する努力をしつつ、セフレ作りを平行してほしい。

体型

まずは、太りすぎの体型はNGだ。清潔感のなさが目立ってしまう。

もしも、他の人よりも太っているなと感じたら、ジムに通ったり、夜食を抑えるなどして、少しでも痩せる努力をすることが大切だ。

太っているのは本気で致命的なので、本気でダイエットしてみるといいかもしれない。細くなるだけで、人は変わる。

髪型

ボサボサな髪形がだめなのは周知のことだと思うが、自分に切っている方は要注意。

なんの手入れもされていない小学生や中学生にありがちな超普通の髪型の人によってはいまいちなことも多い。

見た目に自信がない方は、せめて流行りの髪型の中から、自分に合うものを選び整えるのがよいかもしれない。

アトピーやニキビが多い、乾燥してカサカサなのは論外といっていいだろう。

もちろん体質によって仕方のない方もいるかもしれないが、セフレを作る上で、大きなロスとなる。

体臭

体臭がくさいのは論外だ。実際に臭い異性とキスとしたり、性行為をするのはかなりきつい。

特にキスに対してかなり繊細な女性が多いが、臭いメンズはまず触れることさえままならないだろう。

自分では気づきにくいので、気になる方は、率直に意見を言ってくれる鼻の良い相手に確認してみると良いかもしれない。

服装

一般的にださい服装はNGだ。まず、一緒に歩きたくないと思われるだろう。

服装もなかなか自分でださいと気づくのは簡単なことではない。

周りの友人に意見を聞いたり、素直に自分がかっこいい、可愛いと思う感性に従って、今着ている服よりもおしゃれな服を着るようにすると良い。

体毛

胸やふくらはぎの毛が異常に濃いのはNGだ。多少生えているのは大丈夫だが、他の男性と比べて明らかに濃いと感じている方は、男性向け脱毛などをしてみるのもいいかもしれない。

2人で会える女性との繋がりを増やす:ステップ2

セフレを作る上で、2人で会える女性が多いというのは圧倒的に有利だ。しかし、最初に説明しているとおり、セフレは探すのではなく、セフレにしていくという前提を忘れずに読み進めていってほしい。

セフレにしていくという前提がある以上、アプローチできる女性の層が多いことに越したことはない。

自分の手が届く(連絡可能)女性の数が100いるとしたら、その中から自分と相性の良い相手とマッチング、さらにマッチングした中からアプローチしてまずはワンナイトすることが重要だ。

すでにあるLINE友達から連絡する

2人で会える女性との繋がりを増やすものはかなり大切だ。私の場合は、偶然にもLINEの友達数が700越えと比較的多かったため、20人ほどの女性に連絡した記憶がある。

20人に連絡して、その中から5人と関係を持つことができた。自分の場合は、過去の繋がりや合コンで会って以来しばらく放置した関係から漁っていった。

LINEの友達が一定数以上いて、2人で誘っても違和感のなさそうな女性が多い方はぜひやってほしい。

ただ、問題はある。私の場合は、1年間で700分の5人と関係を持つことができたのだが、かなり割合としては低い。

参考程度だが、経験人数が50人を越える友人はLINEの友達件数が1000を越えていた。やはり、自分が少しでも接触した女性の母数は多ければ多いほどいい。

その中で、自分と比較的相性が良い女性を攻略していくのが明らかに効率がいいというのは自明だ。

しかし、LINEなど既存の知り合いから攻略をしていくのは、正直かなり厳しいし、時間がかかる。なので、既存の知り合いの外側に出会いを求めるのは確実にした方がいい。

クラブでセフレを作るのはほぼ不可能

クラブでセフレを作るのはほとんど無理だ。クラブ慣れしているパリピが強すぎる。

また、クラブは入場料だけで数千するので、コスパも悪い。テレビなどでクラブでの仰天エピソードが公開されていると思うが、いつもテレビに出てくるのは生粋のパリピだと思う。

現実も同じだ。

クラブのメリット

見た目もイケていて、実力があれば、ワンナイトはできる。

クラブのデメリット

クラブではナンパ中の女性を普通に横取りされるのに加えて、女性も事前にターゲットを決めている場合もあり、イケメン以外はほぼ遊ぶのは不可能。

クラブ基本情報

料金は入場料が3000円程度。入場料にドリンク代が含まれていない場合は、ワンドリンク500円前後も必要になる。

相席屋もセフレを作るのはなかなか難しい

相席屋は全国に展開する、男性と女性が同じ個室で飲み食いできる出会い居酒屋だ。

女性は無料で食べ飲み放題ができ、男性は全て有料だ。

相席屋のメリット

合コンを開くツテがない人でも、疑似合コンのような体験ができる。

相席屋のデメリット

私の周りで相席屋に行っている女性もそうなのだが、ほとんどの女性は食べ飲み無料だからから、相席屋に行っている女性が多い。

男と相席する仕組みはあるが、別にそこで彼氏を作ったり、セフレを探してきているわけではない。

外れの多い合コンに参加しているようなものだ。

相席屋の基本情報

男性は30分最低1500円かかり、ここにプラスして、食べ物代もかかる。

風俗でセフレ作るのは無謀

説明をしなくてもわかると思うが、風俗でセフレを作るのは無謀だ。彼女たちは、お金を払うから、目の前で奉仕をしているだけで、目の前の客に興味があるわけではない。

お金を払えば別かもしれないが、それはセフレとはいわない。売春だ。

セフレはセックスをする対価として、金銭をあげることはない。

合コンは少なからず可能性はなくはないが、コスパの悪さが半端じゃない

合コンではイケてる男ならセフレを作ることは可能だが、コスパの悪さが半端じゃないし、多くの男性は週1も合コンが開催されるような環境にはいないと思う。

合コンに行ったところで、ゲットできる連絡先は3~5つほどとたかが知れている。そこから広げられるなら別だが、そんな男性はワンナイトするくらい容易だろう。

お金も大学生でも3000~5000円ほどは飛ぶ。社会人なら4000~場合によっては1万以上も飛ぶ。

また、合コンはただの顔合わせのケースが多く、実際に2人で会うのは、合コンの後だろう。コスパは非常に悪い。

ただ、全く知り合えなかった相手と知り合える点で、もしも声がかかったり、自分で開催できるのなら参加してみるのをおすすめしたい。

合コンのメリット

参加するメンバーのスペック、相手女性の合コンへの意気込みなど、合コンに参加する人がしっかりとしていれば最高に楽しい。

合コンのデメリット

ほとんどの場合、こちら側でイケてるメンバを揃えること、相手女性が面白いグループであることはなく、なにもなく終わる。

そして、何よりもお金がかかる。

一番コスパがいいのがマッチングアプリ

マッチングアプリならセフレが作れると勧める記事が多いと書いておきながら紹介するが、マッチングアプリはたしかにいい。

ただ、セフレを探している女性が多く登録しているから、マッチングアプリがいいのではない。

安全性が高く、大手が運営する出会い系マッチングアプリは1000万を越える登録者がおり、確率の観点からも、自分と相性の良い相手とマッチングできる可能性が高いのが最大のポイントだ。

登録者が多く、アプリ内で事前にマッチングが完了するため、1回目のデートから女性と2人だ。2人で会うまでにとられる自分の時間とお金を考えたときに、コスパの良さは半端ではない。

マッチングアプリのメリット

マッチングアプリのメリットは、自分と関係のない相手と知り合えるからこそ失敗しても被害がないこと、2人で会うまでの時間とお金のコスパがいい、たくさんの登録者にアプローチできる3つだ。

マッチングアプリ以外に、上記3つ満たせるものは他にない。

マッチングアプリのデメリット

マッチングアプリのデメリットは、知名度のない変なアプリを使うとサクラ(偽女性ユーザー)がいることがある、使い方を間違えると全く出会えないの2つだ。

おすすめのマッチングアプリは下記に大手のもの2つを紹介する。公式サイトもしっかりとしており、安心して使えるものなので、ぜひ見てほしい。

会員1400万人以上!実際に出会えるYYC

YYCはDiverseという会社が運営するマッチングアプリで、もともと大手上場企業のmixiグループだった健全な会社だ。

基本的には無料で女性を顔写真や条件で検索をして、メッセージを送り、相手とやりとりをして相性が合えば、2人で会うことになる。

メッセージは随時課金をして、1通50円で送れるため、それほどお金をかけずに女性と会うことができる。

また、初めて使う場合は、最初に300ポイントもらえるので、約6通分メッセージを送信することができるので、ぜひ一度試してみるのをおすすめしたい。

YYCで出会いを探す

会員2000万!30代以降の男性にもおすすめハッピーメール

ハッピーメールも10年以上経営する健全な会社が運営するマッチングアプリで、業界内ではトップクラスの会員数を誇る。

ちなみにYYCはその次くらいだ。ハッピーメールはYYCと比較すると、30~40代以降の利用者も多い。

使い方はYYC同様、顔写真や条件で女性を検索して、メッセージを送る。

メッセージは1送信50円で、随時課金となる。

ハッピーメールにはピュア掲示板、アダルト掲示板などの掲示板上で交流できるサービスがあるが、セフレが欲しくても、ピュア掲示板を使用し、セフレ募集など明らかに探している感じは出さない方が出会える。

入会時に合計120ポイント、24通送信できるポイントがもらえるので、こちらも試してみるのをおすすめしたい。

ハッピーメールで出会いを探す

少し脱線 マッチングアプリの基本的な使い方

自己紹介文、基本項目は全て入力

自己紹介文と基本項目は全て入力。

目的は出会ってから、相手にセックスをしてもいいと思わせることだ。したがって、外見の項目では嘘をつかないようにしよう。

自己紹介文もギャグや自虐ネタは入れず、登録した経緯、趣味などを書こう。

セフレを探していることは明記する必要はなく、書くと逆にセフレを作れなくなる。

猫の皮をかぶりつつ、メッセージや実際に会ってから距離を詰めていこう。

プロフィール写真は清潔感のある写真を使用

鏡ごしの自撮り、度アップ写真は避けるようにしたい。

他撮りの写真や、背景も映った画像を設定するのがおすすめだ。

基本的には自分からアプローチ

現実世界でも同じだと思うが、アプローチをしたり、最後に攻めるのは男性側だ。

セフレが欲しくても、しばらく距離が縮まるまでは下ネタは厳禁

たとえセフレを探していたとしても、距離が縮まる前の下ネタには細心の注意を払うべきだ。

セフレは探すのではなく、セフレにしていくものと事前に紹介したとおり、メッセージあるいは2人で会ってからが勝負だ。

徐々に距離を詰めていきたい。

実際に2人で会う:ステップ3

2人で会う予定を作らなければ何も始まらない。逆に、2人で会えば何か始まるかもしれない。

どうやって、会う口実を作るのかなど紹介していく。

まず大前提、断られることを恐れないこと

女性を誘う上で大切なのは、断られるのを恐れないことだ。

タイミングさえ間違えなければ、数を打てば、何人かは2人でご飯に行ってくれる。

女性の中には押しが弱い女性は一定数いて、誘われると断りにくいという女性もいる。また、一時的に男性と飲みたいと寂しがっている女性もいる。

未読無視、既読無視や日程調整でもたつかれても気にする必要はない。そうなっても大丈夫なように、何人か平行するのがおすすめだ。

LINE友達の場合はなにかしら連絡する口実を作るのが大切だ

LINE友達といえど、しばらく会っていない女性がほとんどだと思う。いきなり、「久しぶりに飲みにいかない?」などと誘うのは、相手の女性から無視される可能性を高める。

それほど親しい相手ではない場合、なにかしらその女性だからこそ聞きたい内容などを聞いて、そこから最近何やってるのかなど日常の話題に入ってLINEを長引かせるのがいい。

私が実際に使った方法だと、弟が〇〇大学を受けるから教えてほしいという嘘をつき、女性に連絡したことがある。

それ以外にも合コンやクラブで連絡先をゲットした相手にも同じように連絡した口実を作るか、近い日で会った女性であれば、「前回は楽しかったです!〇〇が好きだといってたけど、今月〇〇食べにいかない?」と誘うのもありだろう。

マッチングアプリなら、少しずつ趣味を聞いた段階で誘うのがおすすめだ

マッチングアプリはメッセージの中で、遊ぶ予定を組むのだが、誘うタイミングはある程度お互いのことが分かった段階だ。

私の場合は、趣味、彼女彼氏を募集しているのか、どうしてマッチングアプリを使っているのかがわかって、誘う理由を作りやすくなってから誘うようにしている。

誘うときは、具体的に焼き肉やイタリアンなど何を食べるのか、どこに行くのかは明確にして伝えるようにしている。

ワンナイトに持ち込むチャレンジ:ステップ4

ワンナイトをするために、ホテルや自宅に誘い方法はいろいろとあると思うが、これは情報と経験を合わせて試行錯誤をしていくしかない。

しかし、前提は相手に自分に気があるのかなと思わせること、女性にセックスしてもいいかなと思ってもらえるようにすることが大切になる。

ここでは、一例を紹介しようと思う。

1回目のデートでワンナイトを狙う必要はない

ネットなどの情報では、会って即日セックスという流れが多いが、実際はそうも上手くいかない。

まともな女性は、ネットでしかやり取りをしていない男性とセックスはしない。

もちろんセフレという割り切った関係を狙う以上、短期決戦が理想だが、あえて2回目というのも手だと思う。

ほどほどな可愛いなどの褒め言葉+セクハラにならないレベルのボディタッチ

セフレを作るという以上は、自分が相手に好意を持っているということをアピールしなければならない。

服可愛いねや、会話の中でそういうところかわいい、会話の中で肌きれいだねなど誉め言葉を使うのは大切だ。

また、混雑している状況で手を差し伸べたり、自分の服の袖を捕まらせたり、セクハラにならないレベルでボディタッチはしておくのがいい。

なるべく少しでもお酒を入れて、お互いに気分を高める

セフレが欲しいけど、自信はないという方は、会話のテンポを上げて、お互いに気分を開放的にするためにも、お酒を飲むのをおすすめする。

直接誘うのもいいが、終電を逃す

直接ホテルに誘うのもいいが、終電を逃したことを理由に「泊まろうか」と誘ってみるのもいいかもしれない。

あるいは相手の家よりも、自分の家と近い位置で飲んで、自宅に誘うのもありだ。

ワンナイト後に相手と再び誘い、再度会うことができればセフレの完成だ

ワンナイトが終えた後に、相手を食事に誘い、少し食事をした後にホテルに行くことができれば、セフレといえる関係はできあがっているといえるだろう。

慣れてきたら、ホテル集合も十分にありだ。

セフレ関係を継続させるために、たまにはメンテナンスもしよう

セフレといえど、相手の女性とセフレ関係を続けるにはただやるだけではなかなか維持は難しい。

相手が自分に好意を持っていて、はぐらかしながら、関係を続けるなら、しばらくは何もしなくても続くかもしれないが、そうでない場合は定期的に食事をしたり、高くなくてもいいのでプレゼントをあげるなどしたりするといいだろう。

私たちの関係ってセフレなのかなと聞かれたらどうする?

相手をだましたような形でセフレ関係になった場合、女性から、この関係はセフレなのかどうかと聞かれることがある。

世の中には悪い男が多いので、そこで嘘をつく男も多いが、場合によっては、こういった女性とはセフレ関係を切った方がいい。

セフレのような関係に辛いと思い始めている証拠なので、自分から姿をくらますか、めんどくさい場合は、だらだらと文句を言われたり、重たいLINEが送られてくるかもしれない。

まとめ

セフレを作りたい方は、まずは女性との出会いを増やし、その中から自分と相性の良い女性と2人で会うのが大切だ。

既存の知り合いにあたるのもいいが、かなり限界はあるので、マッチングアプリなどを活用して、ぜひ出会いの機会を増やすのもおすすめする。

おすすめなのは出会い系マッチングアプリで、業界最大手のYYCハッピーメールイククルだ。

どちらも無料会員の状態で女性を探すことができ、YYCなら約30通送信できるポイント、ハッピーメールなら12通送信分、イククルは20通分、無料でメール送信できるポイントが使える。

どちらも無料の状態でポイントを消費して女性にメッセージをして、反応があった方から本格的に利用を開始するのがおすすめだ。3つとも、同じプロフィールでアカウントを作って、餌を仕掛けておくのがおすすめだ。

ABOUT ME
AN&N編集長
「アンダーグラウンドな世界を伝える」 「男性が人には相談できない弱みに向き合う」 「男性の本音を伝える」 の3つをテーマにAN&Nを運営。 実は密かにセクシャリティに関する分野で、真面目なネタを扱いたいと思っています。
AN&Nおすすめマッチングアプリランキング

恋活、婚活とまではいかないライトな男女の出会いを実現することができるマッチングアプリを紹介。

これまでに複数のアプリ、サイトを実際に使用して、検証してきたAN&N編集部が厳選して実際に出会えるアプリをランキング化します。

第2位 ワクワクメール

おすすめマッチングアプリ第2位は、SNS感覚で出会いを探すことができるワクワクメール。

アバターを用いて交流することができるため、身バレする心配が少なく、バレたくないことがある方におすすめです。

また、顔写真主体で出会いを進める通常のマッチングアプリよりも、見た目に左右されずに出会い探すことができます。

顔写真を設定することももちろんでき、公開範囲を決めることで、異性と交流を深めることは十分可能です。

mixi、モバゲーのようにコミュニティタイプのマッチングアプリなので、長く続ければ続ける続ける程、出会いを探しやすくなります。

会員数 利用料金 主な用途
750万人 基本無料
男性:メッセージ送信1通50円
女性:無料
シニア恋活
大人の恋愛
暇つぶし/異性の友達探し

ワクワクメールで出会いを探す

第1位 ハッピーメール

ハッピーメールは国内最大級のマッチングアプリで、累計登録者は2000万人を超えます。

会員数の多さに加えて、利用する年齢層も幅広く、年齢と居住地に左右されずに利用できるのが特徴。

 

 

 

 

 

 

プロフィールをしっかりと設定して、女性にアプローチしていけば出会えます。

初回のみ無料で1200円分のポイントがもらえるので、使わない手はありません。

会員数 利用料金 主な用途
2000万人 基本無料
男性:メッセージ送信1通50円
女性:無料
シニア恋活
大人の恋愛
暇つぶし/異性の友達探し

ハッピーメールで出会いを探す