オフパコ・セフレ

社会人のセフレ作りはターゲット選定とどうやって出会うかが重要

社会人になって仕事ばかりの日々、性欲を満たしてくれる可愛いセフレが欲しいというのは多くの社会人の本音。

そんなことを考えつつ、相席できる居酒屋、バー、ナンパスポットに出向いて消耗したり、男同士で飲んでばかりという方は少なくありません。

セフレ欲しいけど、どうやって出会えばいいんだとさっぱりわからない方がまず考えるべきなのは、自分が狙いやすい女性のタイプを定めて、その女性がいそうな場所に狙いを定めることです。

そこで、今回はどんな女性を狙いにいけばいいのか、そのためにどんな出会い方をすればいいのかを紹介します。

社会人になったからこそ、セフレにしやすい女性の幅も広がる

大学生、社会人と年次が上がるにつれて、セフレにしやすい女性のターゲットは広がります。

例えば、社会人になれば、大学生のときよりも女子大生をセフレにしやすくなります。

また、社会人になることで、大学生のときには相手もされなかった社会人もセフレにできる可能性があります。

ただし、毎日同じような日々を過ごしていては当然できません。この大学生、社会人の中にも、さらにセフレにしやすい層があります。

セフレが欲しい社会人が狙うべきターゲット

共通して言えるのは出会いを探している女性

これは当然ですが、出会いを探している女性は狙うべきターゲットです。当然のこととはいえ、意外と出会いを探している女性がいない、なおかつヒットする確率が低いところで頑張ってる方は多いです。

さらに、出会いを探している女性の中でも、さらに出会いに対して前のめりになっているかは非常に重要です。

良い相手がいればセックスしてもいいかな、安心できる男友達、セフレが欲しい、彼氏いないと無理といった超寂しがりやな女性は自分から行動してますし、セフレにもしやすいです。

そういった女性がどういった場所に現れるのかは、後ほどご紹介します。

自分に好意を持ってくれる相手

また、自分に好意を持ってくれる相手はセフレにしやすいです。

つまりセックスに持っていくまでの過程で、自分に好意を持ってもらえるように振る舞うことで、セフレにできる可能性はグッと上がります。

女性も誰とでもするわけではありません。セフレになる女性の心理は2パターンあります。

1つがセックスしたい状況になって、目の前の相手としてもいいかなと思ったとき、2つ目が、こちらに好意があり、セックスに誘われて、流されるがまましてしまうパターンです。

例外はないと考えて良いと思います。

タメ、年上よりも年下が一番セフレにしやすい

社会人男性は年下を狙うべきです。例えば、同じ業界の後輩、大学生などは就職ネタ、仕事ネタで優位に立ちやすく、相手の女性心理としても気を遣うべき相手という認識になります。

そんな気を遣うべき相手が優しく振る舞うことで、セフレにしやすい関係性も築きやすいです。

そして、何よりも女性は年下は無理でも、おじさんでなければ年上無理という女性は少ないはずです。むしろ、先輩と付き合うなど、年上の包容力は女性にとって相当なプラスポイントです。

逆に狙うべきではない相手

反対に狙うべきではない相手もいます。そういった相手は狙うだけ、時間の無駄なので、いくら可愛くても、効率を重視したい方は狙うのはおすすめしません。

リスクも難易度も高い身近な相手

会社の同僚、よく会う大学の友人などのように身近な相手を狙うのは、おすすめしません。

失敗した時のリスクがかなり高いのと、あまり成功しません。一部、会社でもモテる男性の場合は実はセフレがいたりしますが、すでに何度かセフレを作っていて手慣れた男性向けです。

水商売、風俗関係は絶対に無理

まれにキャバクラなどの水商売、風俗関係の女性をセフレにしようと試みる人がいますが、無理という認識でいるのがおすすめです。

基本的に無理です。お金の対価として、相手をしているだけであって、無償でセックスをするセフレには決してなってはくれません。

一回会ってみて、気が強そう、プライド高そうな女性

プライドが高い女性もセフレにはしにくいので、おすすめしません。

モデルレベルの美人な女性、可愛い女性はもしも出会えたとしても、相当プライドが高いことが多く、セフレにするのは男性自身もハイスペックでないと厳しいことが多いです。

お酒が全く飲めない女性

お酒が飲めない女性もセフレにしにくいです。

なぜかと言うと、女性がセックスするための口実を作りにくいからです。女性は言い訳をしたがります。

お酒を飲んでいて酔っていたからなどです。お酒が飲めないということは、単純に酔って開放的な気持ちにすることができないだけでなく、口実を別に作る必要があります。

社会人がセフレを作れやすい出会い方

ここまで狙うべきターゲットを紹介しましたが、そんな狙うべきターゲットとどうやって出会うのかもお伝えします。

理想は事前にセフレができそうなのが確定してるメンバーと合コン

合コンといっても、ただ合コンをするだけでは、どんな場所でもヤリチンを作れるごく一部の男性しかセフレは作れません。

そこで重要になるのが、狙いやすい相手が参加する合コンです。それ以外の合コンは参加するだけ消耗戦になる可能性は極めて高いです。

女子大生、実際に遊んでいると事前情報のある女性が参加するのをおすすめします。

出会いが欲しい女性はマッチングアプリにいる

出会いが欲しい女性は、マッチングアプリに登録します。異性と出会うことが目的のマッチングアプリに登録している女性は出会いが欲しい女性あると判断して間違いはありません。

そして、実際にマッチングアプリを使用するとわかりますが、しっかりと出会えます。

マッチングアプリの中でも、ハッピーメール やYYCなどのセフレを始めアダルトあるいはライトな出会いに特化したものがおすすめです。

その中でもハッピーメール はアダルトな出会いに特化したマッチングアプリの中で最大級の登録者数で2000万人が登録しており、安全性ともにトップクラスです。

基本は女性を検索して探すなど無料で使うことができ、メッセージを送る際に1通50円ほどかかる仕組みです。

ハッピーメール においては、異性を探す条件を絞る段階で、セフレが欲しいなど設定している女性を絞ることもできます。

ハッピーメールで出会いを探す

社会人がセフレを作る上で、これだけは気をつけて欲しい

最後に出会いの手段を活かすために最低限必要なことも紹介します。

最低限の外見は必要

ほとんどの方は大丈夫なはずですが、最低限の外見は必須です。服装、髪型ともに大人としてふさわしい外見は最低限整えておく必要はあります。

自分を正さずして、女性にばかりセフレ関係を求めるのは成立しません。

年下とのデートは最低でもお金は多めに払う

年下とのデートでは最低でも少しはお金を多めに払うのをおすすめします。

特に大学生の場合は、社会人男性がお金を多めに出すのは当然です。せめて最低限初回だけでも、お金を多めに出さないと、セフレになる前の第一ステップであるワンナイトすらできないこともあります。

基本的には普通な女性に普通にアプローチする

セフレを作る時に誤解されがちなのが、女性へのアプローチの仕方です。

例えばマッチングアプリにしても、実際に女性に会うとしても、会って話もあまりせず「セックスしようよ」「セックスしませんか」のように誘うのはナンセンスです。

セフレになるような女性でも、それではセフレにすることはできません。

普通の女性にまずは普通の会話から入り、徐々にセックスできそうか誘導するのが大切です。

番外編:マッチングアプリの基本的な使い方

1. マッチングアプリに登録したら、まずはプロフィールをしっかりと作り込みます。
・プロフィール画像はドアップ画像は避けて、顔がわかるものを設定します。
・自己紹介文は趣味や普段どんな生活を送っているのかなどライフスタイルがわかるものにし、プロフィール項目は全て入力します。

2.男性から足跡(プロフィールに訪問)、メッセージを送るなどアクションします。

3.ハッピーメール の場合は、実際に出会えますが、掲示板を使う時はアダルト掲示板ではなく、ピュア掲示板を使用します。

最低でも3ヶ月は使用し、3ヶ月の間に色々な使い方をしてみるのをおすすめします。

発展編:マッチングアプリの活用法

①適切な相手にメッセージを送るためにも、写真あり、プロフィールにアダルトな内容がない女性にのみメッセージ送ります。
※明らかにアダルト感出している女性は、やれそうに見えて、返信が来なかったりなど釣りの可能性が高いです。

②自分より年下、女子大生の年齢に合わせて女性を検索

これら2つは最低限やっておきつつ、女性を検索してみてください。

応用編:ハッピーメール で足跡をつけて、足跡が返ってきたらメッセージ

ハッピーメールにはさまざまな利用法がありますが、マッチングアプリを始めたての方におすすめなのが、相手女性のプロフィールに足跡をつけて、相手から返ってきたらメッセージを送る方法です。

メッセージ一発あたりの効率性を高めることができます。

20〜30代のまだまだイケる社会人こそ、セフレを作ろう

最後に、20〜30代の社会人の方はセフレを作るのに最適な年齢です。

見た目も大学生の頃からそれほど老けている訳でもなく、おじさんと言われるような外見になっていない方は多いはず。

外見のフレッシュさも残しつつ、お金も学生時代よりも余裕があるからこそ、若い女性を狙いやすく、行動しない手はありません。

大手マッチングアプリのハッピーメール などを使って、しっかりと狙いやすい女性をターゲティングして検索して、セフレ獲得を目指してみてください。

ハッピーメールで出会いを探す

ABOUT ME
AN&N編集長
「アンダーグラウンドな世界を伝える」 「男性が人には相談できない弱みに向き合う」 「男性の本音を伝える」 の3つをテーマにAN&Nを運営。 実は密かにセクシャリティに関する分野で、真面目なネタを扱いたいと思っています。
AN&Nおすすめマッチングアプリランキング

恋活、婚活とまではいかないライトな男女の出会いを実現することができるマッチングアプリを紹介。

これまでに複数のアプリ、サイトを実際に使用して、検証してきたAN&N編集部が厳選して実際に出会えるアプリをランキング化します。

第2位 ワクワクメール

おすすめマッチングアプリ第2位は、SNS感覚で出会いを探すことができるワクワクメール。

アバターを用いて交流することができるため、身バレする心配が少なく、バレたくないことがある方におすすめです。

また、顔写真主体で出会いを進める通常のマッチングアプリよりも、見た目に左右されずに出会い探すことができます。

顔写真を設定することももちろんでき、公開範囲を決めることで、異性と交流を深めることは十分可能です。

mixi、モバゲーのようにコミュニティタイプのマッチングアプリなので、長く続ければ続ける続ける程、出会いを探しやすくなります。

会員数 利用料金 主な用途
750万人 基本無料
男性:メッセージ送信1通50円
女性:無料
シニア恋活
大人の恋愛
暇つぶし/異性の友達探し

ワクワクメールで出会いを探す

第1位 ハッピーメール

ハッピーメールは国内最大級のマッチングアプリで、累計登録者は2000万人を超えます。

会員数の多さに加えて、利用する年齢層も幅広く、年齢と居住地に左右されずに利用できるのが特徴。

 

 

 

 

 

 

プロフィールをしっかりと設定して、女性にアプローチしていけば出会えます。

初回のみ無料で1200円分のポイントがもらえるので、使わない手はありません。

会員数 利用料金 主な用途
2000万人 基本無料
男性:メッセージ送信1通50円
女性:無料
シニア恋活
大人の恋愛
暇つぶし/異性の友達探し

ハッピーメールで出会いを探す